血液製剤、輸出解禁へ 半世紀ぶり

 献血から製造される血液製剤について、厚生労働省は29日、国内メーカーによる輸出・販売を解禁する方針を固めた。同日開いた有識者会議で了承された。昭和41年に輸出が原則停止されてから、およそ半世紀ぶりの政策転換となる。輸出されるのは余剰分で、国内の供給には影響を及ぼさない見込み。

 血液製剤は国の輸出貿易管理令の対象品目。1960年代に本格化したベトナム戦争で、血液製剤が負傷者の治療に使われたとする疑惑が国会で追及され、輸出が禁じられていた。

 献血で採取された血液は、日本赤十字社から国内の3メーカーが購入し、特定の成分を抽出した複数種類の血液製剤を製造している。国内の需要を満たせない製品がある一方で、血友病患者用の凝固製剤など需要の少ない製品では、余剰分を廃棄していた。このため、血液製剤の安定供給の持続を目指し、余剰分も有効活用する方向で議論を進めていた。