受付嬢をうならせた「一流の雰囲気を漂わせる男」 誰もが持っている“あのアイテム”の使い方に思わずため息… (1/4ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

【元受付嬢CEOの視線】

 前回の連載では「三流社員の特徴」についてお話いたしました。ですが、日に数百人のお客様と接する私たち受付嬢の仕事は、同じ会社で働く社員以上に、取引先のお客様と触れ合っている時間の方が長いもの。実際に受付で目立つのは「三流社員」より「一流のお客様」なのです。

 本来は私たち受付嬢がおもてなしを提供している立場ですが、ときにお客様におもてなしをされているかのような気持ちになったり、プロ意識を持って接客しているつもりが「まだまだ修行が足りない…」と気づかせてくださるようなお客様がいらっしゃったりします。

 今回は受付嬢しかなかなか見ることができない「一流のお客様」についてお話します。

◆受付嬢をうならせた営業マンの気遣い

 【一流のお客様の特徴1】ハンカチを持つ男

 「ハンカチを持つなんて当たり前じゃん!」とツッコんだ人、いますよね(笑)。そのハンカチ、手や汗を拭くために使っているだけではありませんか?

初めてその光景を見たとき、衝撃が走りました