中央道渋滞予測、2日に最長25キロ

 山梨県警は28日、来年1月3日までの年末年始の交通渋滞予測を発表した。一般道で大きな渋滞は見込まれていないが、中央自動車道は1月2日午後3時ごろ、上り線の小仏トンネルを先頭に、最長25キロの渋滞が発生すると予測している。

 県警によると、この渋滞の影響で、通常は25分余で通過できる大月インターチェンジ-八王子ジャンクション間が、最長2時間程度かかると見込んでいる。

 年末の中央道下り線は、県内も絡む渋滞はなさそうだとしている。

 道路交通情報の問い合わせは、日本道路交通情報センター甲府センター(電)050・3369・6619(携帯電話の短縮ダイヤル#8011)。