【書評】維新後、海外公使に抜擢された元藩主は攘夷派だった…『お殿様、外交官になる 明治政府のサプライズ人事』熊田忠雄著

『お殿様、外交官になる明治政府のサプライズ人事』熊田忠雄著
『お殿様、外交官になる明治政府のサプライズ人事』熊田忠雄著【拡大】

 明治維新を経て、近代国家への仲間入りを急いだ政府が、海外公使に抜擢(ばってき)したのは、なんと「元お殿様」たちだった。

 たとえば、安芸広島藩最後の藩主だった浅野長勲(ながこと)は幕末には「攘夷(じょうい)」を叫び、当然、洋行経験もなし。「薩長にあらずんば人にあらず」といわれた時代に外務卿の井上馨は浅野をイタリア駐在公使に取り立て、浅野も日本のために奔走するが…。

 浅野や旧肥前佐賀藩主、鍋島直大、美濃大垣藩主、戸田氏共ら7人のエピソード、その夫人らの奮闘ぶりなどをたどる。日本の「外交デビュー」顛末(てんまつ)記でもある。(祥伝社新書・840円+税)