年賀はがき当せん番号決定 1等は現金10万円かギフト

平成30年用年賀お年玉くじ抽せん会で1等の当選番号を掲げる(左から)和牛の水田信二・川西賢志郎、加藤綾子、古賀稔彦=14日、東京都千代田区(春名中撮影)
平成30年用年賀お年玉くじ抽せん会で1等の当選番号を掲げる(左から)和牛の水田信二・川西賢志郎、加藤綾子、古賀稔彦=14日、東京都千代田区(春名中撮影)【拡大】

 お年玉付き年賀はがきと切手の抽せん会が14日、東京都千代田区のJPタワーで開かれ、当せん番号が決まった。賞品の引き換え期間は15日から7月17日まで。

 1等は100万本に1本の割合で、計2978本。賞品は現金10万円、または、1万点以上の商品などから選ぶ12万円相当のセレクトギフトのいずれか。地域の特産品など39点から1点を選ぶ2等は1万本に1本、切手シートの3等は100本に2本。

 日本郵便によると、2018年用のお年玉付き年賀はがきは約29億6500万枚を発行した。