「考えすぎて失敗に終わる人」へ 精神的に追い込まれた為末大を救った本 (1/3ページ)

未知のキーワードが気になると、関連書を数珠つなぎに読みあさることもあるという。
未知のキーワードが気になると、関連書を数珠つなぎに読みあさることもあるという。【拡大】

 「何気なく手に取った一冊で、人生が変わった」。そんな経験のある人は多いのではないでしょうか。雑誌「プレジデント ウーマン」(2018年1月号)の特集「いま読み直したい感動の名著218」では、稲垣吾郎さんや西野亮廣さんなど11人に「私が一生読み続けたい傑作」を聞きました。今回はその中から為末大さんのインタビューを紹介します--。

 精神的に追い込まれたときに読んだ「愛」の本

 2012年に現役を引退するまで、僕の仕事はアスリートとして、ひたむきに走り、ハードルを跳び越えていくことでした。個人競技においては記録がすべてで、向き合う相手は常に自分。自分の肉体と心を扱わなければならない、とてもセンシティブな戦いです。勝ってもそこでおしまいではなく、いつのどのトレーニングがよくて、メンタル状態がどうよかったのかを分析する必要がある。だからこそ、己を知ることがとても大事なんだと日々感じていました。

 ▼禅の世界に魅せられて、「愛」の本にたどり着く

 そんな僕が、精神的にもっとも追い込まれていた06年くらいのことです。競技で結果が出せず、悶々(もんもん)としながら海外で合宿していた僕は、英語が苦手なこともあって、ホテルにこもって本を読みあさっていたんです。その中に、忘れられない1冊があった。

 精神分析家で哲学者でもあるエーリッヒ・フロムの『愛するということ』。この本を手にするきっかけが、仏教哲学者の鈴木大拙です。戦略的に技を磨いて、いかに戦わずして勝つか。そんな禅問答のようなことを常々考えていた僕は、禅への興味から大拙の本に目を通していたのですが、その彼と親交が深かったのがフロム。一体、どんな考えが学べるのだろうと期待しながら本を開きました。

伸び悩んでいた僕の“心の失敗”を救った