就活に広がる「AI面接」で勝てる学生とは 無名大学は逆襲のチャンス、高学歴層は要注意 (1/3ページ)

AI面接サービス「SHaiN」を受ける様子(同社提供)
AI面接サービス「SHaiN」を受ける様子(同社提供)【拡大】

  • AI面接サービス「SHaiN」が作動しているスマホ画面(同社提供)
  • タレントアンドアセスメントの山﨑俊明社長

 就活の学歴フィルターに泣く学生に朗報だ。スマートフォン越しにAIが面接をする「AI面接」が、新卒採用の現場に広がっている。

 AI面接は、従来のエントリーシートと1次面接の代替として選考フローに取り込まれる。第一関門だったエントリーシートでふるい落とされることがなくなり、1次面接の機会を等しく得られる。さらに、人間の面接官による“勘と好み”に左右されることなく、科学的根拠に基づいた評価を受けられるようになる。コミュニケーション力に自信がなくても、しっかり受け答えできていれば、AIは学生の資質を見抜いてくれるのだ。

 学生にとって夢のような就活革命だと思っただろうか。しかし、安心するのはまだ早い。このAI面接によって、これまで「面接強者」だった学生もいつもの勝ちパターンが通用しなくなるかもしれない。AI面接の時代に「勝てる学生」とは-。(SankeiBiz 久住梨子)

◆あの学生、こんな子だったなんて…

 「人には見せない顔を、AIには見せる学生がいます。AI面接を導入した企業からは『あの学生、こんな子だったなんて…』『ここまで分かるとはすごい』などの反響があります」

 AI面接サービス「SHaiN(シャイン)」を開発したタレントアンドアセスメント(東京都港区)の山﨑俊明社長はこう話す。「SHaiN」は企業が定めた採用基準に沿って、スマートフォンや人型ロボ「ペッパー」を介し、AIが人間の代わりに面接を行うサービスだ。面接を受ける時間や場所は問わず、時間制限もない。学生からは「他社の選考とダブルブッキングしない」「人の面接より緊張しない」「面接官との相性の心配がない」と好評だ。

 だが、なかなか油断ならない。AI面接では質問への回答内容、面接を受ける態度、面接にかかった経過時間など、記録した全ての情報が評価の対象となる。機械相手だからと気を抜き、素の姿をさらけ出す学生も少なくない。

“チッ”と舌打ちする学生も