高齢者「薬漬け」防げ 一元的に把握、適正に処方 国が初の指針案まとめ

 複数の病気を抱え数種類の薬を服用することが多い高齢者に安全に薬を服用してもらおうと、厚生労働省の検討班は21日、「高齢者の医薬品適正使用の指針案」をまとめた。医師や薬剤師に向け、減薬や適正な処方を進めるよう呼びかける内容。各学会が注意すべき点などをまとめた指針はあったが、国が指針を示すのは初めて。

 指針案では、入院や介護施設の入所、在宅医療の始まりなどの機会に、医師や薬剤師が高齢の患者に処方されている薬を一元的に把握。患者の認知機能や栄養状態、生活環境などを確認しながら、薬の中止や変更、継続などの判断を行うよう呼びかけた。症状の変化など経過を慎重に観察する必要性にも言及した。

 指針案は今後、パブリックコメントなどの手続きを経て、4月以降に全国の医療機関に周知される。