やはり金曜は休めない 「プレ金」導入から1年、鳴り物入りも試される企業の取り組み (1/2ページ)

初めての「プレミアムフライデー」となり、サラリーマンらでにぎわう居酒屋=平成29年2月24日、大阪市北区
初めての「プレミアムフライデー」となり、サラリーマンらでにぎわう居酒屋=平成29年2月24日、大阪市北区【拡大】

  • プレミアムフライデーのロゴマーク

 月末の金曜日に早めの退社を促し、働き方改革や消費拡大につなげる「プレミアムフライデー(プレ金)」が23日、導入から1年を迎えた。鳴り物入りで始まったものの、関西でも早退などの有給取得を促す企業は限定的。消費拡大が期待されたサービス・小売業界も盛り上がりに欠けるなか、なんとか商機につなげようとする動きも生まれている。

 昨年2月のプレ金導入と同時に、半日有給休暇の取得を促してきたのが大和ハウス工業。しかし、営業や施工の現場から「月末の金曜は業務量が多く休めない」などの声が相次ぎ、同4月からは業務に合わせて柔軟に実施するように変更した。人事部の河崎紀成グループ長は「実態に合わせて取得しやすくしたい」と話す。一方、塩野義製薬は「リフレッシュフライデー」と銘打って、有給休暇や半日休暇の取得を促す取り組みを続けている。

 ただ、市場調査会社インテージが2月、会社員ら3251人に行った調査では、この1年間でプレ金に1度でも早帰りできた人は8.3%止まり。車載用などで需要が高まっている電子部品業界からは「工場はフル稼働。納入先が動いている以上、早期退社は難しい」という声が上がる。

 サービス・小売業界への恩恵も少ないようだ。大阪市内のある百貨店では、会社員が家でゆっくりお酒を飲む機会も増えるだろうと、総菜類の限定商品などを展開した。しかし「実際の購買層は普段から来店しているシニア層だった」と見込みが外れ、規模を縮小した。

一定の効果を生んだケースも