日本郵便、年賀はがきも値上げ 平成31年用から62円、「わかりにくい」で価格統一

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 日本郵便は23日、平成31年の年賀はがきを62円に10円値上げすると発表した。昨年6月に通常はがきは値上げしていたが、年賀はがきは枚数が多く、年賀状の販売枚数減少に歯止めをかけるため、30年用年賀はがきは値上げを見送っていた。しかし、「わかりにくい」などの不満が相次いだことから、62円に統一することにした。

 1月8日以降に年賀はがきを差し出す際には、10円切手を貼る必要があることなどを日本郵便は注意喚起していたが、「わかりにくい」や「使いにくい」などの不満が200件寄せられていたという。

 指宿一郎郵便・物流事業企画部長は「販売枚数下げ止まりの効果も見られず、結果として値上げを据え置いた判断は誤りだった」と述べた。

 31年年賀はがきは、値上げの影響や毎年の減少傾向が続くことから、販売枚数が過去最大の減少幅となる前年比13%減の23億枚余りになる見通しだ。ただ、値上げ効果で収入は20億円増加する見込みという。