低気圧通過、西日本は28日に強風 融雪による雪崩も注意

 低気圧が急速に発達しながら日本海を進む影響で、日本列島は28日以降、全国的に風が強まり、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる。気象庁は27日、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、28日夜には前線を伴った低気圧が対馬海峡に達し、3月1日は発達しながら日本海を北東に進む。前線が28日夕方から1日昼前に西日本から東日本を通過し、暖かく湿った空気が低気圧や前線に向かって流れ込む。このため、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。

 西日本は28日から1日、東日本や北日本では1日から2日に、強い風が吹き、海は大しけになる。太平洋側では非常に強い雨が降る可能性もある。日本海側や山沿いの積雪が多い地域では、融雪による雪崩や河川の増水にも注意が必要だ。

 28日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は九州北部、四国、近畿20メートル(30メートル)、東海18メートル(30メートル)。