「水戸ュラン2017」 大賞は焼きだんごの「丸米伊勢屋」

大賞を受賞した「丸米伊勢屋」の飯島薫子さん(中央)と準大賞「木村屋パン店」の中山俊宏さん(左)、「鉢の木」の関貴之さん=27日午後、水戸市桜川(上村茉由撮影)
大賞を受賞した「丸米伊勢屋」の飯島薫子さん(中央)と準大賞「木村屋パン店」の中山俊宏さん(左)、「鉢の木」の関貴之さん=27日午後、水戸市桜川(上村茉由撮影)【拡大】

 水戸商工会議所は27日、水戸市の中心市街地の飲食店を対象とした人気投票「水戸ュラン2017」の結果を発表した。大賞に輝いたのは、135票を獲得した餅菓子専門店「丸米伊勢屋」(同市泉町)だった。

 同日、県産業会館で行われた表彰式で、賞状を受け取った同店の飯島薫子さん(49)は「これからも思わず食べたくなるお菓子作りに精進する」と語った。同店は創業84年の老舗で、人気商品は1本60円の「焼きだんご」だ。

 優良店の情報提供で、誘客促進やおもてなしの向上につなげるのが狙い。イベント名は、レストランの格付けで世界的に知られるガイドブック「ミシュラン」からもじった。

 水戸駅周辺から大工町周辺のエリアで菓子やパンなどを含め飲食を提供する店を対象に昨年10~12月に投票を行い、3435票が集まった。準大賞はいずれも108票の「木村屋パン店」(同市南町)と和菓子店「鉢の木」(同)だった。