上越新幹線、運転を再開 強風で越後湯沢-新潟の区間が一時見合わせ

 1日午前11時20分ごろ、風速35メートル以上の強風を観測したため、JR東日本は上越新幹線の燕三条(新潟県三条市)-新潟(新潟市)で上下線の運転を見合わせた。その後、見合わせ区間を越後湯沢(同県湯沢町)-新潟に拡大したが、約2時間後に運転を再開した。

 同社によると、上下計6本に最大約120分の遅れが出て、乗客約2750人に影響が出た。新潟地方気象台によると、1日未明から両市などに暴風警報が出ていた。