北日本の冬型、徐々に緩む 3日は晴れ間も

 強い冬型の気圧配置で、北海道や東北では2日も雪や風が強い状態が続いた。3日は低気圧が北海道から遠ざかって冬型が徐々に緩み、東から高気圧が張り出してくるため、晴れ間が見える時間もある。

 気象庁によると、2日は発達した低気圧がオホーツク海にあり、大陸側の高気圧との気圧の差が大きく、北日本は強い西高東低の冬型の気圧配置になっていた。3日は低気圧が徐々に北東に遠ざかり、太平洋の高気圧に覆われて天気が回復する見通しだ。

 気温も上昇するため、東日本から西日本で積雪が多い地域では、雪崩に注意が必要だ。

 3日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道25メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。波の高さは、北海道、東北、北陸7メートル。