政府、若手保育士の賃上げ策示す

 政府は7日、若手保育士らの給与を上げやすくするため、処遇改善の要件を緩和する方針を自治体側に示した。1施設当たりの対象者を増やすとともに、中堅保育士向けの加算分を若手に配分できるようにする。2018年4月から実施する。

 現在は保育所の定員が90人で職員数が17人のモデルケースで、1施設当たりで若手が「3人まで」、中堅が「5人以上」との要件がある。これを、若手は「3人以上」に増やし、中堅は「2人以上」と緩和する。若手が多く、十分な処遇改善が難しい施設に配慮した。

 昨年4月に遡って適用されるとの見方もあったが、事務処理が煩雑になる難点があった。