誰でもタダで写真展を開けるバー 出展料もらわずとも儲かる好循環 (1/3ページ)

 スマートフォンのカメラの性能は登場以来どんどん良くなり、今やエントリーモデルのデジタルカメラとほとんど変わらない画質での撮影が可能になった。

 またInstagramやFacebookなどSNSを使い撮影した写真を人に見せることも簡単にできる時代となった。

 しかし、写真を出力して額に入れて個展などを開いて誰かに鑑賞してもらう嬉しさは、SNSとは違った格別なものではないだろうか?

 今回は誰でも写真展をできるバーを紹介したい。写真撮影を趣味としている方からプロのカメラマンまで、店内のスペースで写真展に作品を出して楽しんでいる。3年ほど前からこの「バー写真展」は始まり、これまで31回、毎月写真展が開かれている。

 鑑賞する方もグラスを傾けそっと写真を見つめながらナイトライフを楽しめる。

きっかけはお客が撮影した1枚の写真

 そのバーは東京都三鷹市にある「THE BARN」。店主のアビ・ゼーリンゲールさん(53)は1987年イスラエルから来日して長年美術品を取り扱う仕事をした後、2008年にこのバーを開業した。

カクテルを注ぐ「THE BARN」店主のアビ・ゼーリンゲールさん。ビール、ウィスキー、カクテルなどチャージなしで楽しめる

カクテルを注ぐ「THE BARN」店主のアビ・ゼーリンゲールさん。ビール、ウィスキー、カクテルなどチャージなしで楽しめる

 店内で写真展をやろうと思ったきっかけはお客が撮影した1枚の写真だったという。

続きを読む