ヘルスケア

死亡18人から多剤耐性菌 院内感染、大阪の病院

 大阪府大東市の阪奈病院は17日、2017年から今年にかけて死亡した結核の入院患者のうち18人が、抗菌剤が効きにくい「多剤耐性アシネトバクター」に院内感染していたと明らかにした。うち男性=当時(71)=について「死亡との因果関係があった可能性が高い」とした。大半は感染確認から2カ月以内に死亡していた。

 病院は多剤耐性菌によって男性の肺炎が悪化し、今年1月に亡くなったことを約7カ月間保健所へ届け出なかった。

 病院によると、感染したのは当時58~97歳の男女19人で大半が70代以上。18人が亡くなった。結核患者が入院している本館5階と6階の19人から菌が検出され、外部の専門医が患者への影響を検証。その結果、18人は病状への悪影響がなかったが、男性については「肺炎を悪化させた可能性が否定できない」と結論付けた。感染源や感染経路は不明という。18人の死因は心不全や肺腫瘍など。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus