節約家計簿

10月から変わった自動車税 「環境性能割」創設

 車を保有している人には切り離せない自動車関連税制が10月から大きく変わりました。自動車を購入する際に支払う自動車取得税が廃止され、「環境性能割」が創設されます。

 環境性能割とは、取得時に支払う税額を、燃費基準達成度に応じて変える仕組み。燃費の良い車を取得するほど、税額が安くなります。具体的には燃費基準達成度に応じて、自家用車では非課税、1%、2%、3%の4段階の課税(免税)。軽自動車の税率は非課税、1%、2%の3段階です。ただし、令和2年9月末までに取得した場合は、それぞれ税率が1%軽減されます。中古車も対象です。

 次は自動車税の改正について。10月からの自動車税は自動車税と軽自動車税に分かれます。軽自動車の中には、原動機付き自転車や二輪の小型自動車も含まれます。新制度に移行することで負担は全般的に下がりますが、軽自動車税は1万800円と現行と変わりません。

 自動車税の減額例を挙げますと、1500ccの車では、現在の3万4500円から4000円の減額。2000ccの車は、3万9500円から3500円の減額になります。減額幅については、排気量が少ないほど大きくなっています。

 3つ目は、購入時および車検時に支払う自動車重量税について。自動車重量税は自動車の重さに応じて課税される税金で、こちらは10月の改正ではなく、延長されているエコカー減税が適用になります。同じ重さの車であっても、燃費基準達成度によって税額が異なるわけです。

 3年4月末までに新規購入する燃費基準の良い車は、車検時の重量税が免税、あるいは減税になります。燃費が良いというのは「2年度の燃費基準を満たしている」というもの。いっぽうで、新車登録から13年が経過した車は自動車重量税が割り増しになり、18年が経過すると、再び高くなります。

(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus