ライフ

TBS、「消えた天才」「クレイジージャーニー」の2番組終了発表 やらせ問題などうけ

 TBSは21日、画像の加工や過剰な演出などのやらせが行われていたバラエティー番組「消えた天才」(日曜後8時)と「クレイジージャーニー」(水曜後11時56分)の放送を終了すると発表した。9月に問題を公表して以降、同局は2番組を放送休止としてきたが、「番組の継続は困難」と判断し、打ち切りを決めた。

 「消えた天才」では、リトルリーグの全国大会で活躍した当時12歳の少年の試合映像を早回しして、実際の投球速度より速く見せる映像加工などが計4件行われていた。「クレイジージャーニー」の爬虫類(はちゅうるい)ハンター企画では、計15種類の珍しい生物を事前にスタッフが準備し、その場で見つけたかのように捕獲するやらせを繰り返していた。

 問題を受け、両番組とも関係者からの聞き取り調査を実施。TBSによると、同様の加工ややらせは他には確認されなかったというが、「不適切な加工で視聴者の皆様の信頼を損なったことを重く受け止め、番組の継続は困難と判断し、放送を終了することを決めました」とコメントを発表した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus