がん電話相談から

Q:自家移植後、多発性骨髄腫が再発 今後どうすれば? (1/2ページ)

 ■効く薬を次々に変え粘り強く治療続けて

 Q 60代の女性です。以前から「白血球などが少ない」と指摘されていましたが、下肢に痛み、鎖骨に、はれがあり、平成28年に総合病院を受診しました。血液腫瘍内科で精密検査の結果、多発性骨髄腫と診断され、造血幹細胞移植(自家移植)を前提にVRD療法(ベルケイド、レブラミド、レナデックス)の投与を受けました。29年に自家移植を実施し、寛解(かんかい)しましたが、今年6月の血液検査で免疫グロブリンの「IgG」の値が上昇し、再発が判明しました。次の薬、ダラザレックスの投与がスタートしましたが、今後を考えると不安が続きます。

 A 自家移植を受けたのですね。これは骨髄腫細胞を大量の抗がん薬で死滅させた後、用意しておいた自分の造血幹細胞を移植し、正常な造血機能を戻す方法です。移植後、しばらくは寛解した状態が続いたのに、再発とは心配ですね。最近の検査ではヘモグロビン、血小板、白血球などの数値はいかがですか。

 Q 残念ながらヘモグロビンなどの数値は低めで推移しています。こうしたことは薬の影響なのでしょうか。

 A そうですね。薬の副作用の可能性があります。副作用によって白血球などの血液細胞を正常につくれなくなることを骨髄抑制と呼びます。ただし、いったん薬をやめないとはっきりしたことは言えません。ダラザレックスは抗体薬の種類に入りますが、一度これを中止する選択肢もあります。また、状態を把握するために、骨髄検査があります。これは骨の中にある骨髄組織を採取して検査する方法です。

 Q はい、骨髄検査は最近受けました。検査結果では、正常な細胞よりも骨髄腫細胞が多く含まれていました。どの検査からもいい結果が出てきません。今後の治療はどうしたらいいのでしょうか。

 A 多発性骨髄腫の再発後は、薬による治療が基本となります。最初のVRD療法に含まれた分子標的薬のベルケイドと同じプロテアソーム阻害剤には、カイプロリスやニンラーロという薬があります。これらはプロテアソームという細胞内タンパク質の分解装置を阻害することで、骨髄腫細胞の増殖抑制が期待される薬です。

 Q 標準治療はあるのですか。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus