「注目ビズ! - 忘れられた夢の超特急」:SankeiBiz

忘れられた夢の超特急

訂1【web用】M四国の新幹線整備と在来線比較

40年も塩漬けの「四国新幹線」 ようやく動き始めた“悲願”の誘致構想

 北海道新幹線が平成28(2016)年3月に開業したことで、新幹線ネットワークは北海道から九州までつながり、四国地方は唯一の新幹線空白地帯となった。地元では「このままでは取り残されてしまう」との危機感から、各県や経済団体などが新幹線の誘致に向け活動を活発化させているが、市民の反応はいまひとつ。リニア新幹線計画が脚光を浴びる中、40年以上前に「基本計画」が立てられて以降、進展がみられない「四国新幹線」はもはや“忘れられたプロジェクト”なのか。悲願の実現には、何より市民の理解と要望が必要となりそうだ。

もっと知りたい