高校生 ネット交友に無防備 11%が「会ってもいい」「会った」 (1/2ページ)

 長野県内の高校生の11・2%がインターネット上で知り合った人と「会ってもいい」「会ったことがある」と回答していることが、長野県教育委員会が実施した平成29年度のネット利用状況調査で分かった。神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件では、被害者の多くが自殺願望を書き込んでいたツイッターなどSNS(会員制交流サイト)で接触していたことが判明しており、改めてネットを利用する際の教育の徹底が求められそうだ。(太田浩信)

 調査は7~8月にかけて、公立小学校(4~6年生)と中学校、高校から41校を抽出し、児童・生徒3514人を対象に実施した。授業以外でネットを利用する児童・生徒の割合は、小学生で前年度比2・1ポイント増の85・2%、中学生が2・0ポイント増の93・1%、高校生は1・1ポイント増の98・2%。過去最高だった前年度を更新し、児童・生徒にとってネットは身近な社会との接点となっている実態が浮き彫りになった。

 ネットを利用する児童・生徒のうち、「ネット上だけの知り合いがいる」と回答したのは高校生が23・9%、中学生で17・8%、小学生でも10・2%いた。特に、高校生では、ネット上での知り合いと「会ってもいい」と回答した男子は8・6%、女子が4・6%だった。実際に「会ったことがある」と答えたのは男子が2・5%だったのに対し、女子では6・7%に上った。