シカゴ穀物、大豆反落

 4日のシカゴ穀物市場は、大豆が最近の相場上昇を受けた利益確定売りに押されて反落した。

 トウモロコシは、アルゼンチン産地の乾燥懸念が和らいだのを背景に値を下げた。小麦も期近を中心に下落したが、米国産地の寒冷な天候による作況悪化への懸念から下げ幅は限られた。(共同)