NY株、3日連続最高値 ボーイングが主導

 5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4日続伸し、前日比220・74ドル高の2万5295・87ドルと終値の過去最高を3日連続で更新して取引を終えた。

 金融機関が目標株価や投資判断を引き上げた航空宇宙機器のボーイングや通信機器のシスコシステムズが上昇し、相場全体を主導した。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は58・65ポイント高の7136・56、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は19・16ポイント高の2743・15となり、主要3指数が3日連続で最高値をつけた。

 5日朝に発表された2017年12月の米雇用統計は、非農業部門の就業者数の伸びなどが市場予想を下回ったが、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩やかにするとの見方が広がり、買いにつながった。(共同)