平昌チケット、日本での販売好調 宿泊代など“五輪価格”…効果は限定的 (2/2ページ)

韓国の文在寅大統領
韓国の文在寅大統領【拡大】

 観戦チケットを国内で販売する「ぴあ」では、昨年2月と9月の売り出し分がほぼ完売、12月27日からは14種目を販売中だ。こうしたチケットのみの購入者から「宿泊と航空機、現地での交通手段を手配してほしいとの申し込みがある」(国内旅行会社)という。

 ただ、韓国への日本人旅行者数は12年に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が竹島に上陸したことなどで反韓感情が高まり、冷え込んでいる。

 16年からは若者の間で“インスタ映え”するおしゃれなカフェめぐりなどがはやったことで若干増加しているが、北朝鮮の度重なるミサイル発射など地政学リスクもあり、本格的な回復にはほど遠い。

 平昌五輪で訪韓日本人が増えそうだが、ある旅行業者は「開催中は宿泊代など五輪価格になるので、一般旅行客は、よほど関心がないと韓国に足が向かないのでは」と分析。「2月後半~3月は卒業旅行シーズンで、遠方に長期で行く傾向が強い」と若者の下支えも厳しいとし、五輪効果は限定的とみている。