日本の成長率、1.3%に減速 18年世銀予測「財政出動の効果弱まる」

 世界銀行は9日、世界経済見通しを発表し、2018年の日本の実質成長率を1.3%と予測した。昨年6月時点から0.3ポイント上方修正したが、財政出動の効果が弱まるため、1.7%成長だった17年と比べ景気は減速すると見込んだ。

 消費税率が10月に10%に引き上げられる予定の19年の成長率は0.8%と見込んだ。

 世界全体の成長率は、18年が3.1%、19年が3.0%とし、それぞれ0.2ポイント、0.1ポイント上方修正した。米国や新興国の景気拡大に支えられ、3%台の成長が続く見通しだ。ただ、先進国での高齢化の進展などが成長を阻む要因になるため、世銀は「世界経済の回復基調は短期的なものとみられる」と指摘した。

 米国の成長率は18年が2.5%と予想した。国内総生産(GDP)の約7割を占める個人消費が好調なことから、成長率は17年の2.3%を上回るが、19年は2.2%に鈍化すると見込んだ。

 ユーロ圏は17年に続き18年も2%台の成長を維持するが、19年は1.7%に落ち込むと見込んだ。中国は18年が6.4%、19年が6.3%で、個人消費などの内需が成長を引っ張る経済への構造改革に伴い、景気減速が続くと予想した。(ワシントン 共同)