2017年の携帯電話出荷量は12.3%減

 中国情報通信研究院によれば、2017年の中国国内の携帯電話出荷量は前年比12.3%減の4億9100万台だった。また、新機種の発売は同27.1%減の1054種だった。出荷量は昨年、3月ごろから減少し始め、12月は前年同月比32.5%減の4261万2000台と落ち込みが激しかった。同月は新機種の発売も同28.6%減の90種にとどまり、国産ブランドの出荷量も同36.4%減の3560万2000台。同月の国産ブランドの市場占有率は83.5%で、通年の88.8%を下回った。(中国新聞社)