マクラーレン720Sは「非の打ちどころがない」 超高性能DNAを持つクルマ

高級スポーツカー「マクラーレン720S」(ブルームバーグ)
高級スポーツカー「マクラーレン720S」(ブルームバーグ)【拡大】

 英高級スポーツカーメーカー、マクラーレンの「マクラーレン720S」は多くの称賛を得ている。最も有名なところで言えば、米自動車誌「ロード・アンド・トラック」の2017年「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。しかし、マクラーレン720Sは愛着を感じるのが難しい車でもある。

 確かに720Sの技術と設計は驚異的な水準であり、かなりの高性能だ。18年5月に発売されたら28万4745ドル(約3178万3300円)を払って所有する価値はあるかもしれない。ただ、日常的に使用するなら他の車の方が乗っていて楽しい気持ちになれるだろう。

 マクラーレン720Sは私にとっては久しぶりに、駐車場から出す前に操作方法が本当に必要になった車だ。ここで言う操作方法とは、技術者に助手席に座ってもらい、運転モード(「コンフォート」「スポーツ」「トラック」)を変更する方法から、後部エアブレーキの引き方、さらにはラジオをつける方法に至るまで、15分間説明を受けるということだ。

 マクラーレンは720Sを「超高性能DNA」を持つ車と位置付けているが、まさにその通りだ。それが車に求める唯一のことなら、その良さが分かるのかもしれない。ただ、この車はニューヨークのソーホー地区の迷路のような石畳の道路やチャイナタウンの路地裏を走らせるのには向いていない。720Sは車よりもロケットに近く、外観や機能のために快適さや人間工学が犠牲にされたのかもしれない。ただ、720Sの使い勝手の難点は、競合する高級車「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」や「ブガッティ・シロン」と比較しても大きい。

 ただ、私がこの車の内部を分析することから始めたのは、このコラムを前向きな評価で締めくくりたいからだ。720Sについて多くのプラスのことが言えるのは確かだ。

 720Sは従来モデルより軽量で速く、性能も優れている。ハンドルを握ると、羽のように軽く感じられる。運転においては「非の打ちどころがない」という言葉が頭に浮かぶ。どんなに厳しいコーナリングでも、即時に反応する応答性の高いステアリングとバランスのとれたグリップは他に類を見ない。(ブルームバーグ Hannah Elliott)