GDP、8四半期連続プラス 17年10~12月期 バブル期以来28年ぶり

2017年10~12月期の国内総生産速報値は、自動車の輸出が好調だった=2017年12月(ブルームバーグ)
2017年10~12月期の国内総生産速報値は、自動車の輸出が好調だった=2017年12月(ブルームバーグ)【拡大】

 内閣府が14日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.1%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0.5%増だった。プラス成長は8四半期連続。バブル期の1986年4~6月期から89年1~3月期にかけ12四半期連続となって以来、約28年ぶりの長さとなった。成長率は7~9月期の2.2%から縮小した。

 17年7~9月期に天候不順の悪影響が出た個人消費が持ち直したほか、好調な企業業績に支えられ設備投資も堅調で、内需主導型の成長の姿となった。

 項目別では個人消費が0.5%増と2四半期ぶりプラス。スマートフォンや自動車、飲食サービスが伸びた。設備投資は0.7%増と5四半期連続のプラスとなった。輸出も2.4%増と大きく伸びたものの、輸入がスマホ中心に2.9%増と大きく伸び、全体の押し下げ要因になった。

 ■個人消費、先行きに不安材料

 明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストの話 米国や中国向けの輸出拡大が引き続き生産の牽引(けんいん)役だが、完全雇用の状態で国内の需要に対応するため輸入も増え、差し引きした外需の寄与度が伸びにくい構図となっている。

 個人消費は2017年7~9月期がマイナスだった反動に加え、株高による資産効果で予想を上回るプラス幅だった。ただ、大幅な賃金の伸びが見込めず、寒波の影響で野菜が値上がりするなど先行きはマイナスの材料が多い。

 住宅投資の減少は、相続税対策のアパート建設が一巡したことやマンション価格の高騰で需要が伸び悩んでいることが影響したとみられる。