韓国の仮想通貨攻防に注目 熱中の投資家、交換所閉鎖を懸念 (1/2ページ)

ソウル市内の両替所でビットコイン相場のスクリーンを見る男性(AP)
ソウル市内の両替所でビットコイン相場のスクリーンを見る男性(AP)【拡大】

 韓国人は仮想通貨が大好きだ。このため、韓国ではビットコイン人気があまりに高く、1月には価格が米国での1.5倍になる場面まであった。これに対して、同国の議員や当局者らはそうでもない。首相以下当局者らはビットコインや仮想通貨をめぐる熱狂の危険性を指摘している。このプレミアムはその後解消されたものの、こうした背景から韓国での当局と投資家の攻防に世界が注目している。

 主要な仮想通貨の交換に使われる通貨として、1月11日時点で韓国ウォンは米ドルに次ぐ2位。2017年下半期の大半で、ウォンはビットコイン交換の10%余りを占めた。イーサリアムの交換では昨年終盤までトップ。ただ、当局の姿勢強化で最近はウォンの役割が低下している。

 韓国政府は昨年9月に新規仮想通貨公開(ICO)を禁止した後、国内の仮想通貨交換所の監視強化から閉鎖までさまざまな措置を検討していることを明らかにした。包括的な措置については作業中だが、マネーロンダリング(資金洗浄)など違法行為を阻止する対策は打った。

 1月30日をもって銀行での匿名の仮想口座を禁止し、仮想通貨交換所からの1日1000万ウォン(約100万円)を超える引き出しも含めて、疑惑のあるトレーダーについての報告も銀行に義務付けた。未成年、外国人、金融機関による国内交換所での売買も禁止した。

最も大きな不安は、韓国の仮想通貨交換所閉鎖