トルコが日本食品規制撤廃 放射性物質の検査不要に

 農林水産省は22日、トルコ政府が東京電力福島第1原発事故後に設けていた全都道府県の日本産食品・飼料の輸入規制を17日付で撤廃したと発表した。トルコでの放射性物質の全ロット検査がなくなり、通常の検疫だけになる。

 トルコに輸出される日本産品は、荷物ごとに放射性物質の検査が行われていた。今年1月には先行して切り花などの植物の検査が撤廃された。

 2016年のトルコ向け農林水産物・食品輸出額は約6億7千万円で、主な品目はチューインガムの製造に使われるメントールや飼料だった。