2月の訪日客、最高250万人 春節の連休が押し上げ

春節が始まり、国際線の到着客で賑わった関西国際空港=2月15日午前
春節が始まり、国際線の到着客で賑わった関西国際空港=2月15日午前【拡大】

 観光庁は20日、2月に日本を訪れた外国人旅行者が推計で250万9300人だったと発表した。2月として過去最高となり、前年同月比は23.3%増の高い伸び。春節(旧正月)に伴う中国などの大型連休の始まりが前年の1月末から2月中旬に繰り下がり、押し上げ効果が大きく表れた。

 伸び率は前月の9.0%に比べて大幅に拡大した。訪れた人の国・域別では中国が40.7%増の71万6400人とトップ。2~4位は韓国が18.1%増の70万8300人、台湾が16.9%増の40万900人、香港が26.9%増の17万8500人に上った。

 伸び率では、最も高かった中国のほか、シンガポールの33.2%、マレーシアの32.4%などが目立った。