大手スーパーが大学や企業とコラボ 世界初、オランダ「美味しい廃棄物」プロジェクト (1/3ページ)

「ピーパービール」は一本飲むごとに廃棄予定のジャガイモ2個を「救済」できる。仕方ない、飲もう(『美味しい廃棄物プロジェクト』公式HPより)
「ピーパービール」は一本飲むごとに廃棄予定のジャガイモ2個を「救済」できる。仕方ない、飲もう(『美味しい廃棄物プロジェクト』公式HPより)【拡大】

  • ラ・マンナ氏。繰り返すが「シェフ」である。しかも「もったいない系」の(公式HPより)

 ▼感謝祭前に「もったいない」を訴えた有名シェフ

 先月、アメリカが感謝祭(サンクスギビング・デイ)を数日後に控え浮き足立つなか、インターネット上で公開され爆発的に拡散した動画があった。食品廃棄問題に取り組むヴィーガンのシェフ、マックス・ラ・マンナ氏が、「毎年感謝祭に欠かせないターキー(七面鳥)は、実はその35%が食べ残され、廃棄されています」と語り始め、世界の食品ロスの現状、食品の製造に消費されるエネルギーや水資源、更には廃棄食品が生成するメタンガスなどの環境への影響を語ったのち、「『たかが食べ残し』と思わず、今年の感謝祭には一回り小さいターキーを買うか、料理の品目を減らしてください。一人一人の小さな行動がこの国の食品ロス問題に大きな変化をもたらすのです。それこそが『感謝』すべきことです」と訴えるものだ。

 同氏は「ゼロ・ウェイスト(食材を一切無駄にしない)料理」で絶大な支持を受けるイタリア系アメリカ人シェフである。

 ▼日本と世界の食品ロス

 感謝祭こそ祝わないものの、これから年末年始に向けてごちそう三昧のイベントが続く日本にとっても食品廃棄は他人事ではない。「クリスマスディナー」も「正月のおせち」も毎年一品残らず食べきる家庭など、いったいどれくらいあるだろうか? 「忘・新年会」で次々に出てくるコース料理など、いつもお酒と社交の三の次で放置されたりしていないだろうか?

 実際、国連の調査によると、現在世界の食料の3分の1が廃棄されているが、これは10億人以上が食べるに十分な量であり、経済的には約84兆円の損失を生んでいるという。世界で飢餓に苦しむ人口は約8億人と言われているので、実にその全員を生かしてなお余りある量の食料が廃棄され続けていることになる。食料ロスは、今後世界が循環型社会を構築していく上で避けて通れない課題として、各先進国が対策に乗り出している。

「世界初、廃棄食材から作られた食品コーナー」