伊、バイトマン氏受け入れへ 次期ECB総裁候補


【拡大】

 イタリアのトリア財務相は独紙ウェルトとのインタビューで、イタリアはドイツ連邦銀行(中央銀行)のバイトマン総裁が欧州中央銀行(ECB)の次期総裁に指名されることを受け入れる考えがあることを示した。

 トリア財務相は「私はこうした野心を支持するとまで言いたいわけではないが、受け入れる考えだ。私には先入観はない」と述べた。次期総裁はドラギ総裁の任期満了後の11月に就任する。

 バイトマン総裁は金融政策についてタカ派と考えられている。ドラギ総裁の後任として一時は最有力視され、ドイツ人で初のECB総裁に就任する可能性があるとされていた。しかし、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会の委員長候補に同じドイツ人で欧州人民党(EPP)のマンフレッド・ウェーバー氏が擁立されたため、EUがそうした要職に2人もドイツ人を選出することを容認しない可能性が高いとの観測が浮上している。

 ただ、5月の欧州議会選の後に、ウェーバー氏の次期欧州委員長就任の取り組みが頓挫すれば、バイトマン氏のECB総裁就任の可能性は高まりそうだ。(ブルームバーグ Stephan Kahl)