中国粉ミルク、自国産の不信なお メラミン混入10年 外資は市場拡大 (1/2ページ)

上海の店舗で販売されているネスレとA2ミルクの製品(ブルームバーグ)
上海の店舗で販売されているネスレとA2ミルクの製品(ブルームバーグ)【拡大】

 中国では10年余り前に化学物質のメラミンが混入した国産粉ミルクが販売され、少なくとも乳児6人が死亡、約30万人に健康被害が及び、食品の安全性が制度面でなおざりにされている実態が浮き彫りとなった。子供を持つ中国人の親たちの中国企業への不信感はまだ消えていない。

 ネスレはシェア4倍

 2008年に起きたこのスキャンダルは、中国の消費者にとって重要な転換点となった。中国の供給事業者がタンパク質レベルを高めるためプラスチック製造に使われるメラミンを粉ミルクに混入させたのだ。粉ミルク汚染事件とその隠蔽(いんぺい)工作の中心人物に死刑判決が下されて22日で10年となる。

 不祥事で消費者の不信感は新たな段階に達した。中国の270億米ドル(約2兆9800億円)規模の粉ミルク業界で国内勢は退潮。粉ミルク生産に関する中国政府の規制は国際基準に沿っているが、北京に住む陳季潔さんのようにスキャンダルを忘れることのできない消費者もいる。2児の母である陳さんは10年余り経た今も「国内ブランドを買おうと考えることすらない」と言う。「中国製粉ミルクブランドへの私の信頼感は最低水準になった」のだそうだ。

 スイスのネスレは08年のスキャンダル以降、中国粉ミルク市場におけるシェアを4倍に拡大し、市場を牽引(けんいん)。オーストラリア・ニュージーランド(NZ)系の新興企業、A2ミルクの年間売上高は10億NZドル(約743億円)近くに急増。スキャンダルの前はわずか150万NZドルだった。

国内勢は価格勝負