海外情勢

“香港デモ作品”削除に反感 シューズメーカーのデザインコンテスト物議

 香港での街頭デモで通常業務に支障を来している米企業もある中で、シューズメーカーのヴァンズが新たな抗議に巻き込まれた。

 ヴァンズは毎年恒例のデザインコンテストを現在行っているが、香港のシンボルである花とともにガスマスクとゴーグル、ヘルメットを身に着けた人々を描いた応募作をウェブサイトから外したと報じられた。

 この報道がソーシャルメディア上でヴァンズに対する激しい反感を呼び、同社製品をボイコットする呼び掛けもなされる事態となっている。

 ヴァンズはフェイスブック上で、「われわれは決して政治的立場を取らない」とのコメントを掲載。「従って、敬意と寛容というわが社が長く抱いてきた価値観、そしてこのコンテストに関して明確に伝えているガイドラインに沿う作品であることを確実にするためデザインを検証する」と説明した。

 中国による統治強化への不満が広がる香港では、4カ月に及ぶ抗議行動が小売業と観光業に悪影響を与えているほか、米国の企業・団体が抗議活動への対応に苦慮する状況となっている。

 米プロバスケットボールNBAはロケッツのゼネラルマネジャーが香港の抗議参加者を支持するようなツイートをしたことから、中国本土で批判された。ジーンズブランド「リーバイス」を展開するリーバイ・ストラウスなど小売企業は香港店舗の一時閉鎖を余儀なくされた。(ブルームバーグ Jordyn Holman)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus