株価・外為

ガソリン価格、2週連続値下がり 

 経済産業省が24日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、15日時点の前回調査と比べて50銭安い146円80銭だった。灯油は18リットル当たり(一般的なタンク1個分)で、前週から5円値下がりの1652円。ともに値下がりは2週連続。

 調査した石油情報センターによると、9月に攻撃を受けたサウジアラビアの石油供給が回復したことに加え、米中貿易摩擦による世界経済の先行き不安などで需要減退が意識されて原油価格が下落し、ガソリンの小売価格にも反映された。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus