株価・外為

金融庁研究会、TOPIX構成絞り込み提案 取引活発な銘柄中心に

 金融庁は、東京証券取引所の株式市場再編に関する研究会の会合で、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄をやや絞り込むほか、現行の4市場は3市場に集約する見直しを提案した。投資家に分かりやすく、上場企業の価値向上が促される仕組みを目指し、年内にも報告書を取りまとめる方針だ。

 TOPIXは大企業向けの東証1部の全銘柄を対象とするが、活発に取引される銘柄が中心となる指数を模索する。1部の小規模な銘柄の多くをTOPIXから外し、中堅企業が集まる東証2部やジャスダックの有力銘柄の一角を新たに組み込むイメージを示した。市場の見直しでは、1部を「プライム市場」に、新興企業向けのマザーズは「グロース市場」にそれぞれ改称。2部とジャスダックは統合して「スタンダード市場」と名付ける。いずれも仮称で、従来の名前を残すことも検討するという。

 会合に出席した市場関係者からは、プライムの銘柄には英文開示などを義務化して高水準の企業統治を求めるべきだとする意見があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus