国内

大規模金融緩和「副作用は小さい」 日銀・原田審議委員、銀行影響は限定的

 日銀の原田泰審議委員は5日、大分市で記者会見し、大規模な金融緩和策の「副作用は小さい」と述べた。緩和策に伴う低金利で、銀行は預金と貸し出しの金利差である「利ざや」が縮小し、経営が厳しくなっているが、影響は限定的との見方を示した。

 原田氏は「低金利が金融機関の経営に影響を与えていることは事実だが、低金利を克服すれば問題が全て解決するわけではない」と話し、金融機関は経営効率化を進めて収益力を高める必要があると強調した。

 政府の経済対策に関しては「相乗効果で金融緩和の効果も高まる」と期待した。一方で、景気の急変や市場の混乱などの異変がない限り「日銀は現在の政策を続ければいい」と述べ、追加緩和に慎重な見解を示した。

 会見に先立つ講演では、緩和策を修正して金利を引き上げれば「再び『デフレ期待』を呼び戻し、物価の上昇をさらに遅らせる」と語り、金融機関などから緩和の副作用に批判が出ていることを牽制(けんせい)した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus