国内

「内密出産」妊婦受け入れ 赤ちゃんポストの熊本・慈恵病院

 親が育てられない乳幼児を匿名でも受け入れる施設「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営している慈恵病院(熊本市)は7日、妊婦が孤立した状況で出産が迫っている場合などに限り、匿名で出産できる事実上の「内密出産制度」を導入したと発表した。同病院によると、現段階で匿名妊婦を受け入れる国内唯一の病院になったという。

 望まない妊娠をした女性が匿名で出産できる環境整備を進める。蓮田健副院長はこの日の記者会見で「赤ちゃんの殺人や遺棄が全国であり、これまで匿名出産を断った人の行方が気になる。行政には受け入れ事例を作った上で対応を相談する」との考えを示した。

 内密出産制度はドイツで2014年に導入されたが、病院の担当者は今回の場合は行政との協議や法整備を経て実施するわけではないため、正式な制度ではないと説明する。7日夕方時点では、今回の制度で受け入れた妊婦はいない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus