海外情勢

英、時速360キロ高速鉄道計画 日立が車両受注目指す

 英政府は11日、イングランド地方の南北の主要都市を最高時速360キロで結ぶ高速鉄道計画「ハイスピード(HS)2」の建設を推し進めると発表した。ジョンソン英首相は欧州連合(EU)離脱後の景気失速を防ぐために、国内のインフラを強化する狙いだ。日立製作所も車両受注などを目指している。

 HS2の計画は2段階で進められ、第1期はロンドンと中部バーミンガムをつなぐ。第2期はマンチェスターやリーズまで延伸し、総延長約530キロを予定している。

 第1期の工事は4月に本格的に始める予定で、約10年後の営業開始を目指している。事業計画の詳細は近く公表される見通し。

 日立はカナダのボンバルディアと組み、第1期の車両受注を目指して応札している。

 英メディアなどによると、HS2の計画をめぐっては、2012年時点で327億ポンド(約4兆6500億円)だった総事業費の見込みが安全対応などのコストがかさんだことで、1060億ポンド(約15兆円)規模に膨れあがったという。高額の建設費への批判が高まり、事業の採算性や効率性が検証されてきた。しかし、インフラ強化を重要政策に掲げるジョンソン氏は11日、HS2の計画継続を宣言した。

 EU離脱後、国内経済の先行き不透明感から個人消費が失速することが懸念される中、ジョンソン政権はインフラ強化で国内の経済活性化を目指している。(ジュネーブ 板東和正)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus