【元受付嬢CEOの視線】悲哀に満ちた「サラリーマン川柳」から読み解く ビジネス新時代の生き残り方 (2/3ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 もしこの川柳に共感された方がいたら、ご自身の仕事の一部でも、機械に取って代わることのできない価値を提供できているか一度振り返ってみてください。

職場の目の付け所を「改革」せよ

 【効率化 提案会議で 残業か】

 これもたくさんの企業で起こっていそうな現象ですね。「働き方改革」を実践するために、残業をなくしていくための会議で残業が増える…みたいなことですよね。「何のためにこの会議をやっているんだか…」なんて思って参加していたら、そこでは何も生まれず、単純に余計な仕事が増えるだけです。

 効率化を図るためにはまず、自分の会社のどこが非効率なのかを把握するべきではないでしょうか。どうせ会議に時間を費やすのなら、効率化の提案よりも先に、非効率な部分を洗い出す会議をするべきだと思います。その非効率のために何が犠牲になっているのか。これを把握すると働き方改革は道が拓けると思います。

身につまされます…

 【「夢を持て」 そういう上司(あなた)も 夢見せて】

 この句を読んで耳が痛いという方は多いのではないでしょうか。実際「夢を見せる」って誰に対しても難しいですよね。でも、ついつい部下や若者たちの口にしたくなるセリフだと思います。

 これは私も考えさせられる一句でしたが、ふと立ち止まり、自分の会社で働いてくれているメンバーに夢を見せられているか? と自分と向き合えました。自分では伝えているつもりで、「言わなくてもわかってくれるだろう」ではいけないですね。

 壮大な夢でなくとも、ここでは「夢=目標」という解釈でいいのかもしれません。「一緒にその目標を達成した先にはこんな世界が待っている」といったことであれば、部下や後輩にも伝えやすくなるのではないでしょうか。私も実践していきたいと思います!

立場より仕事

 【再雇用 昨日の部下に 指示仰ぐ】

 実際のところ、「再雇用」はうまく機能しているのでしょうか。よほど残ってもらってその人にお願いしたい仕事がない限り、難しい制度という印象です。

「クビになってもここで働きたい」