厚労省、27年3月末にデータ変動を説明 当時の首相秘書官に

衆院予算委で答弁する元首相秘書官の中江元哉財務省関税局長=14日午前
衆院予算委で答弁する元首相秘書官の中江元哉財務省関税局長=14日午前【拡大】

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は14日の衆院予算委員会で、平成27年3月末に厚生労働省の担当者が「毎月勤労統計」の調査対象事業所の入れ替えに伴うデータ変動について当時の中江元哉首相秘書官に説明したことを明らかにした。中江氏は同年4月の発表分からデータに変動があると事前説明を受けた。

 菅氏は、中江氏が厚労省側に語った内容について「専門家の意見を聞くなど、実態を適切に表すための改善の可能性などについて問題意識を伝えた」とした。14日の質疑では、厚労省側とのやりとりについて「所管外についてコメントすることは控える」と述べた。

 中江氏は現在は財務省関税局長を務めている。