今日から使えるロジカルシンキング

この店の売り上げを増やすには? フレームワークを使って施策を考えてみよう (3/4ページ)

苅野進
苅野進

問題2の解説

 5Fは業界を分析するためのフレームワークでしたね。家具・インテリア業界を想定して、自社を取り巻く5つの勢力をチェックしましょう。

問題2の解答

<1>競合他社

イケア、ニトリは安いだけでなく、意外とおしゃれ

<2>新規参入業者

匠大島はより高品質で営業力が強い

<3>代替製品

フリマサイトなどの再利用品。ビンテージ家具。持たない生活ブーム

<4>顧客

独自、独占的な商材がないと顧客が強い。買い替えが少ない

<5>原材料納品業者

既製品は大量発注が必要。売れるデザインのものは納品業者が強気の価格設定

 代替製品についてはしっかりと考えないと思わぬ相手にシェアを奪われることになります。たとえば、余暇の取り合いということを考えてみるとテレビはスマホなど全く別のコンテンツに取って代わられたといえます。

 では3問目です。

問題3

たえこさんはコピー機の営業部で4人のチームをまとめる主任です。チームの成績を高めるために新規顧客開拓のための電話営業を増やそうとしてきましたが、もはや限界にきていると感じています。そこで、自分たちの「営業活動」を分析して改善点を探すことにしました。「営業部の仕事の流れ」をモレなく分解してみましょう。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus