就活リサーチ

歓迎や戸惑い、学生の賛否はさまざま 新卒採用で増えるウェブ面接 (2/2ページ)

 いずれも場所に捉われず、企業にとっては履歴書など文字情報では分からない学生のふるまい、指向性を理解できます。遠方に住む学生にとっては、企業へ面接に行くための交通費がかからず、面接時間の調整を必要としない便利なツールとして評価が高いようです。面接時の表情や発言内容を分析するサービスも登場しています。

 学生の賛否はさまざまです。歓迎する意見がある一方で、まだ戸惑いも多く、動画選考を敬遠する動きも見受けられます。「遠方に住んでいるため、時間的、経済的制約なく活用でき、非常にありがたい」「面接官のアタリ、ハズレがなくなっていい」などの賛成意見がありました。反対意見では、「相手の反応や表情などがつかみにくい」「カメラばかり見ていると機械に選考されているようだ」「従来は会社や面接官の雰囲気を見て志望度が上がったが、ウェブだと魅力を感じる社員に出会えない」などの声も聞かれました。

 とはいえ、社内外での商談や打ち合わせなど、ビジネスの現場でウェブシステムの利用が進んでいます。来年の東京五輪の交通・宿泊の混雑状況をにらんで、動画選考を試験導入する企業もあり、なんらかの形で利用する企業は確実に増えてくるでしょう。(キャリタス就活 吉田治)

 就職活動や子育てに関する疑問や体験をお寄せください。読者の参考になるものは、「就活リサーチ」や「子育て相談」で紹介させていただきます。〈メール〉life@sankei.co.jp〈FAX〉03・3270・2424

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus