話の肖像画

世界一よりも自分たちの強みをどう生かすか ファストリ・柳井正氏(2) (3/3ページ)

 そういうことは、あまり気にしない方がよいと思うようになりました。僕らはGAPの背中を見て努力をしてきた。だけど、よく考えたら、GAPとうちとは成り立ちも全て違うし、ZARAともH&Mとも違う。ということであれば、自分たちの強みをどう生かすかを考えながら、会社づくりをした方がよいと思っています。

 〈1位の目標は放棄したのか〉

 ZARAもH&Mも、購買力が高い欧州にあったから成長したんです。でも今は、アジアの時代です。東南アジア諸国、バングラデシュからスリランカ、インドまで含めた「成長センター」で、日本の友好国も多い。日本はすごく良い立地で、情報が全部くる。だから、「結果」としての1位は目指します。(聞き手 吉村英輝)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus