働き方

日当1万円の要因 ラグビー日本代表はなぜ死力を尽くすのか (2/2ページ)

 日本代表は、日本ラグビーにかかわるすべての人の憧れであり、目標なのではないかと訝(いぶか)しく思う人もいるだろう。

 しかし元日本代表選手に話を聞くと、「かつては日本代表のプライオリティが低かった」という証言が少なくない。

 無報酬のため、代表入りを辞退する選手もいた

 アマチュア時代、日本代表の試合は無報酬だった。そんな試合でケガをしたくないと考えたのか。負けると分かっている海外の強豪相手に試合したくないと思ったのか。代表入りを辞退する選手や、代表に招集されると明らかにパフォーマンスを落とす選手がいたのである。

 廣瀬たちは、そんな空気を変えて、日本代表を「憧れの存在」にするため、地道な取り組みをはじめる。

 たとえば、海外遠征で使用したロッカールームは立ち去る前に自分たちで清掃する。あるいは子どもたちからサインを求められたらできるだけ丁寧に書いて「ありがとう」と声をかける。そうした態度がチームを「憧れの存在」とする第一歩だと考えたのだ。

 さらに、日本でプレーするすべての選手たちと、日本代表をつなぐ仕掛けをつくった。

 「日本のラグビーにかかわるすべての人の代表なんだ」

 2015年のW杯イングランド大会初戦前夜。日本代表が滞在するホテルに、日本のトップリーグ全チームから応援メッセージが届いた。

 廣瀬がトップリーグの各チームに依頼して、製作した映像だった。

 「あの映像には2つの意味があった」と廣瀬は言う。

 「1つ目が日本代表メンバーたちに、日本で戦ってきたトップリーグの選手たちが応援しているとを実感してもらうこと。2つ目が日本に残るトップリーグの選手たちに、自分たちの代表だと感じてもらうこと。自分たち日本代表は、日本のラグビーにかかわるすべての人の代表なんだと実感する必要があったんです」

 その翌日、日本代表は南アフリカに逆転勝利を収めた

 ラグビーは「心技体」のうち、心が重要なスポーツと言われる。どんなに大きな相手に対しても、怯(ひる)まずにタックルに行かなくてならない。廣瀬は、日本のラグビーを代表する責任を背負いながらプレーする必要性を感じていたのである。

 応援メッセージが紹介された翌日の南アフリカ戦。日本が世界のラグビー史に残る劇的な逆転勝利をあげたのは周知の通りだ。

 そうしたカルチャーを共有するいまの日本代表選手のプレーが、報酬の多寡で左右されるとは思えない。だが、今後も世界の強豪と伍していくには、選手やスタッフの待遇改善は不可欠だ。

 W杯自国開催を機にラグビー熱はかつてないほどの高まりを見せている。ファンの増加とラグビー人気の定着が、これからの強いラグビー日本代表を支える土台になるのである。(ノンフィクションライター 山川 徹 写真=時事通信フォト)

 山川 徹(やまかわ・とおる) ノンフィクションライター。1977年、山形県生まれ。東北学院大学法学部法律学科卒業後、國學院大学二部文学部史学科に編入。大学在学中からフリーライターとして活動。著書に『国境を越えたスクラム ラグビー日本代表になった外国人選手たち』(中央公論新社)、『カルピスをつくった男 三島海雲』(小学館)、『それでも彼女は生きていく 3・11をきっかけにAV女優となった7人の女の子』(双葉社)などがある。Twitter:@toru52521

(PRESIDENT Online)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus