ホンダ伝説のバイク、異例の人気 「CRF1000L」17年ぶり再登場 (2/6ページ)

2016.5.23 07:44

約17年ぶりに復活したホンダのバイク「CRF1000Lアフリカツイン」=埼玉県朝霞市
約17年ぶりに復活したホンダのバイク「CRF1000Lアフリカツイン」=埼玉県朝霞市【拡大】

  • 「CRF1000Lアフリカツイン」の開発に参加した本田技術研究所の小松昭浩研究員、飯塚直主任研究員、山倉裕研究員(左から)=埼玉県朝霞市
  • エンジンハンガーを増やした新設計
  • ホンダが約10年ぶりに投入するNSXの生産拠点となった米オハイオ州の工場

 市場でも長距離ツーリングやオフロードを走る大排気量の「アドベンチャー(冒険)ツアラー」と呼ばれる車種が中高齢層を中心に支持を広げる中、ファンから期待の声が高まったことで復活が決まった。

 開発陣にとって最大の課題は、最新技術を取り入れて旧モデルの特徴を進化させることだ。山倉氏は「パリダカを走ったマシンの複製として出てきたので、オフロードの走行性能は妥協できなかった」と語る。

 エンジンは排気量を先代の750ccから1000ccに引き上げつつ、通常はシリンダー下部に置くオイルタンクをクランクケース内蔵にすることなどで小型化。車体下部を地上から25センチと3センチ高くし、荒れた道でも操作しやすい。

 ただ、操作性を重視して車高を高くしたり、車体の剛性を柔らかくしたりすると、走行時の安定性が失われる傾向がある。開発責任者を務めた飯塚直主任研究員は、「オフロードの操作しやすさと、高速道などでの安定性の両立に苦労した」と振り返る。

その課題を解決したのが、エンジンと車体フレームを結ぶ「ハンガー」を…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。