ホンダ伝説のバイク、異例の人気 「CRF1000L」17年ぶり再登場 (3/6ページ)

2016.5.23 07:44

約17年ぶりに復活したホンダのバイク「CRF1000Lアフリカツイン」=埼玉県朝霞市
約17年ぶりに復活したホンダのバイク「CRF1000Lアフリカツイン」=埼玉県朝霞市【拡大】

  • 「CRF1000Lアフリカツイン」の開発に参加した本田技術研究所の小松昭浩研究員、飯塚直主任研究員、山倉裕研究員(左から)=埼玉県朝霞市
  • エンジンハンガーを増やした新設計
  • ホンダが約10年ぶりに投入するNSXの生産拠点となった米オハイオ州の工場

 その課題を解決したのが、エンジンと車体フレームを結ぶ「ハンガー」を通常の3、4点から6点に増やした車体設計だ。剛性の不足する部分をエンジンとつなぐことで補強。設計や試作を繰り返すなかで1点ずつ必要なハンガー数を検討し、フレームが太くなって重量が増えるのを防いだ。

 また、最新技術として、自動変速が可能な「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」を初めて採用したモデルを設定した。運転者が変速する「MTモード」でもクラッチ操作をなくし、滑りやすい未舗装の道路でハンドルやアクセルの操作に集中できる。「より安全に走ることができ、風景を楽しむ余裕が生まれる。旅の相棒になる」(山倉氏)

 細部にこだわり

 デザインにもこだわった。車体の外装部品はサイズを抑えて扱いやすさを確保したが、ガソリンタンク回りは重厚感をつけて「乗車した際に誇りを感じられる」(デザイン開発室の小松昭浩研究員)。走行風を防ぐ前部の「ウインドスクリーン」には中央と両脇に通気口を設けて前後の風圧差を少なくし、快適な走行をできるよう工夫した。小松氏は「風洞テストやコンピューター解析、走行テストを繰り返し、数ミリ単位で調整した」と話す。

バイクライフを再開する中高齢層の「リターンライダー」などの人気が高い

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。