5時から作家塾

“巨人”ディズニー、Appleも参戦 競争激化、定額制動画配信サービス (2/3ページ)

岡真由美

 市場参入、ディズニーの強み

 世界的に見てもこの2社は強い。AppAnnieによる、2018年の世界10カ国における動画配信アプリの利用時間調査によれば、調査対象となった国々の多くで、5位以内にネットフリックスとアマゾンプライムビデオが食い込んでいる。同社の調査には定額制動画配信以外の動画配信サービスも含まれているため、定額制に限定すれば、さらに多くの国々のランキングで、両社のサービスが上位に入ってくるだろう。

 しかしこの勢力図は、今年秋以降大きく塗り替えられるかも知れない。ディズニー、そしてアップルが、同市場への参入を明らかにしたからだ。

 昨年末に新しい動画配信サービスの開始を発表していたディズニーは今年4月、11月12日よりまず米国で、新しい動画配信サービス「ディズニー・プラス」を開始すると発表した。

 ディズニーの強みは何といっても所有するコンテンツの豊富さにある。お馴染みのディズニー・アニメはもちろん、米国の三大ネットワークの一つである放送局のABC、スポーツ専門放送局ESPN、映画スタジオ20世紀フォックス、「トイ・ストーリー」などCGIアニメ制作のピクサー、ジョージ・ルーカスの設立したルーカスフィルム(「スターウォーズ」シリーズなど)、「アイアンマン」「アベンジャーズ」などで有名なアメコミ大手マーベル、先述した動画配信サービスのフールーなどを傘下に収めているため、幅広い分野のさまざまなコンテンツを提供することができるのだ。そのため、動画配信サービス開始を発表した当初から、「ネットフリックスの対抗馬」になると目されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus